1歳や2歳といった早い段階で幼児教室や習い事などの幼児教育を開始するとなると、それなりに費用の負担があります。そこで早い段階から幼児教育を行いたいのであれば、自宅でできる幼児教育おもちゃを活用することがおすすめです。ただし、おもちゃを選ぶ際には、お子様の成長や発達に合わせることが重要となってきます。その点を無視して、人気があるから、知育効果が高そうだからという理由だけで選んでしまうと、あまりにも難しくてお子様が興味を持たずに終わってしまうということも起こりえます。幼児教育で大切なことは、お子様がいかに楽しんで色々なことに興味を持てるかどうかですので、年齢特有の成長や発達をしっかり理解して、その年齢に合った幼児教育おもちゃを選ぶようにしましょう。

1歳児におすすめの幼児教育おもちゃ

個人差はありますが1歳になると、次第に歩けるようになり、行動範囲が広がります。また身の回りにあるものに対する興味が高く、なんでも手でつかんだり、口に入れたりと親にとってはお子様の心と体の成長を実感しながらも目が離せない時期でもあります。そのような時期にはお子様の好奇心を満たすことが大切ですので、物を積み上げたり、壊したりできる積み木や想像力を刺激するお絵かきグッズなどがおすすめです。ただし、なんでも口に入れてしまう時期ですので誤飲しないようなサイズの物、万一、舐めても安全な物を選ぶようにしましょう。また毎日、絵本の読み聞かせをするのも目と耳から脳を刺激することになります。もしも、お子様が乗り物に興味を示しているのであれば三輪車や手押し車もおすすめです。大切なことは、発達段階にある脳をどんどん刺激することですので、お子様を見ていて興味を持っていると感じたおもちゃを選ぶようにしましょう。

2歳から3歳児におすすめの幼児教育おもちゃ

2歳から3歳にかけてお子様はなにごともスポンジのように吸収していく時期です。運動能力も言葉も発達し、意思もはっきりしてきますので、幼児教育おもちゃを選ぶ際には、より子供の好みを把握しておくことが重要となります。ですので、1歳児の頃に好んでいたおもちゃをさらに発展させる形で選ぶとよいでしょう。例えば、積み木遊びが好きだったのであれば、今度は積み木を使って家を作るなど、なにか目的を持たせて考える遊びをとりいれるとよいでしょう。お絵かきも同様になにを描くのかを選ばせることで、言葉の勉強にもなるはずです。また新しくとりいれたいのが音楽的要素です。元々、音の出るおもちゃが好きな子であれば音楽に合わせて体を動かしたり、歌ったりできるおもちゃを選ぶと楽しんで遊んでくれるはずです。人間の脳は3歳までに80%近く完成するとされていますので、どんどん色々なことに取り組ませるようにしましょう。